フロントページ

「学校、塾で頑張っているのに結果が出ない人」が通う塾です

当塾はたくさんの生徒を指導する中で、2つのことを追究してきました。

①「勉強を頑張っているのに成績が上がらない人」の問題点は何か

②学校や塾で同じ授業を受けているのに、人によって結果が違うのはなぜか

「勉強を頑張っているのに報われない」というのは高校生、受験生にとって最大の不幸です。

こうした不幸をなくすために、塾長の山本は日々の生徒指導だけでなく、働きながら東大受験をする中で研究し「1つの答え」にたどり着きました。

「わかったつもり」で勉強しているから成績が上がらない

勉強しているのに成績が伸びない原因は「わかったつもり」で勉強を進めていることです。

勉強は大きく3段階からなります。

このうち、学校や塾の授業は「理解する」までを手厚くサポートしてくれます。

ところが、理解したことを「覚えて使えるようになるまで」は生徒まかせになっています。

しかし「緊張感があり制限時間も厳しい定期テストや入試本番」で結果を出すためには、「本当に覚えられていて、本番で使える知識になっているか」を常にチェックしていく必要があります。

合否を分けるのは「本番レベルで、勉強したことを定着させられているかどうか」にあります。

「わかったの基準」を正しく設定するだけでいい

ここまで抽象的な話が続いたので、もう一歩踏み込んで話を進めます。

なぜ多くの人が「わかったつもり」になっているのか?

その答えは「わかったの基準」にあります。

・教科書を読んだだけで「わかった」と思う人

・教科書を読んで例題を解いて「わかった」と思う人

・応用問題を解いて、テストを解けてやっと「わかった」と思う人

塾講師をしていると、生徒によって「わかったと思う基準が全然違う」と日々痛感します。

そして「わかったの基準の違い」がそのままテストの結果として反映されている、というデータも当塾では取れています。

つまり、成績を上げたいのなら「わかったの基準」を適切に設定し、その基準に達するまで何度も復習をして定着させればいいのです。

合格する人と合格できない人の差は、本当にこれだけです。

当塾の合格の秘訣:「わかったつもり」を0にすること

当塾の合格の秘訣を一言でいえば、徹底的に定着度を確認することで「わかったつもり」を完全に撲滅することです。

具体的には2つの方法で生徒の定着度を追及しています。

①週1回、定期テスト並みのペーパーテストを実施

②授業で塾長から「これでもか」と口頭で理解度を確認される

特に②は当塾の名物となっており、経験豊富な塾長が徹底的に口頭でチェックします。

口頭テストは、ペーパーテストと違って「答えを出すスピード」や「関連知識の理解」も問われます。

※口頭テストは無料体験ができるので、ぜひお問い合わせください!

塾長からの口頭テストにしっかり答えることができれば、自信をもって次の単元に進むことができます。

ここまで定着度を確認している受験生はほとんどいません。なぜなら、自分の定着度を自分でチェックするのはとても難しいからです

当塾の生徒は「ペーパーテストと口頭テスト」でライバルより定着度の高い勉強ができるので、当然ライバルよりも早く成長していきます

ここで、当塾での1週間の流れを簡単にまとめておきます。

この1週間を積み重ねていく先で「わかったつもりがなくなる」ので、当然のように模試や入試本番で結果がでます。

早い生徒では1カ月で確実な変化を感じられます。

定着度を重視した勉強を月2万~提供しています

それぞれの「コース比較」は以下のページで詳しく解説しています。

 

なお初回面談は「完全無料」となっておりますので、まずはお気軽に面談をお申込みください。

 

または

もっと詳しく知りたい方にパンフレットがあります

料金やコース、手続き方法などの詳細をご希望の方に、無料パンフレットをご用意しています。

生徒の合格を守るために、人数制限があります

当塾は指導の質を高く保つために、生徒数を30人までに制限しています。

ご興味をお持ちの方は、早めにお問い合わせください。

 

または