塾長

塾長の一橋大学の不合格体験記【最高の失敗事例です】

こんにちは、塾長の山本です。

今回は僕が受験生だった頃の不合格体験記をお話します。

いうまでもなくこの記事は、僕の個人的な体験にすぎませんが

負けに不思議の負けなし

という格言があるように、負けには必ず原因があります。

僕の不合格体験が、いま頑張っている受験生の参考になれば嬉しいです!

受験勉強開始時の状況

僕が受験勉強を開始した時の状況を簡単に説明します。

といっても10年近く前の話で模試の結果は存在せず、記憶に頼って書いています。

高2の2月に勉強開始

ちょうど受験1年前に勉強を開始しました。

その時の学力はざっくり以下です。

河合塾の模試で偏差値50、ベネッセで55くらい
※記憶に薄っすらあるだけで、すこし盛っているかも

高校は神奈川県の公立高校で、高校の偏差値は60~63です。

志望校は一橋大学

再難関大学の一つである、一橋大学の社会学部を志望しました。

・学生数が少ない「少数精鋭」感がかっこよくて一橋を目指す

・社会学部を受けたのは、苦手な数学の配点が一番小さかったから

受験科目は以下の通りです。

センター試験(当時)

英語、国語、数学IA、数学IIB、日本史、倫理政経、生物I(当時「理科基礎」ではない)

二次試験

英語、国語(現古漢)数学IAIIB、日本史

2月~4月は基礎の徹底

僕の高校は「東大や一橋の合格者が10年以上いなかった」ので、学校を無視して独自に受験勉強を始めました。

身近に塾や予備校がなかったので、独学でやることにしました。

当時はスマホが出始めの頃で、受験情報を集めるのは(僕には)難しかったです

そこで家から歩いて行ける小さな書店にいき、「基礎っぽいタイトル」の参考書を買ってみました。

結局、2月~4月の3カ月は「英語・数学・国語」の基礎っぽい参考書を読んでいただけなのですが

こ~~れ~~は偏差値65は出るだろ

と思いながら5月の模試に臨みます。

5月~7月で絶望する

5月に河合塾のマーク模試と記述模試があります。

浪人生と戦う初めての模試でした。結論として余裕で偏差値40台、すべてE判定でした。

解ける解けない以前に、問題の意味もよくわかりませんでした

この結果を受けて、5月は「基礎をやる最後の期間」と銘打ち、6月からは問題演習を始めることにしました。

無計画性が徐々に明るみに

7月末の時点で、日本史・倫理政経・生物Iをまったくやっておりません。

日本史は2次試験科目なので、やらない意味がありません。

こうした「無計画性」が今後の僕の弱点になっていきます。

8月~10月に血迷ってしまう

7月末、8月と模試がありました。これもすべてE判定でした。

こうした不安や焦りが、受験期最大のミスにつながります。

当時の僕は夏休みを前に

よ~し、完璧な勉強法と完璧な計画を決めるぞ!

と意気込み、勉強法の調査と勉強計画の立案に10日間ほどつぎ込みました。

これは最大の失敗に終わります

①完璧な勉強法、計画など存在しない

②計画を立てても、結果的に1週間で挫折した(計画を立てている時が一番やる気)

③その10日間で貴重な勉強時間を失った

③は本当に後悔しました。その時間で社会と理科を進めたかったです。

なお、当時の僕はそれなりに利口で、8月末頃には「これ、絶対に間に合わないな」と察していました。

過去問を8月に初めて解く大失敗

この時期に、もう一つのミスに気づきます。

8月に初めて一橋大学の過去問を解いたのですが

想像の100000倍難しかったです

特に数学と日本史は無理で、1点も取れませんでした。

この結果を受けて9月、10月は数学と日本史に全力を捧げますが、これも大失敗になります。

①数学は配点が低いので、多くの時間を使うべきではなかった

②結果論として、数学はマジで全く伸びなかった

③得意教科の英語と国語を磨けばよかった

いま振り返れば、この時点で一橋合格はほとんど不可能になっていました。

11月~12月は謎のセンター対策

11月になると、もう一橋は無理かなって思っていました。

そうした感情が「私立対策とセンター対策を頑張った方がいいのかな~」という中途半端な気持ちにつながりました。

結果的に、11月~12月は(一橋に向けては)まったく意味がない勉強をしてしまいました

最後まで「無策で場当たり的な勉強」が改善することがなく、最後のセンタープレテストを迎えます。

これは今でもハッキリと覚えていますが、9科目合計で610点/900点(本番なら足切り)でした。自分に絶望しました。

そしてこの絶望は(配点が低いのに)「センター対策を頑張る」という最低な方向に僕を導きました(一橋大学はセンター試験が180点、2次試験が820点の配点です)

結果的に、日本最高峰の難易度を誇る2次試験への対策はほとんどせず、センター試験本番を迎えます。

センター試験では成功した

プレ試験以降、全力でセンター対策をしたのでセンターは成功します。

英語:197点/200点

国語:145点/200点

数学:169点/200点
※IA:100点、IIB:69点

日本史:98点/100点

倫理政経:98点/100点

生物I:100点/100点

総合点:807点/900点(89.7%)

しかし、一橋大のセンター比率はわずか18%です。ほとんど意味がありません。

センター試験後、もちろん2次試験対策をめちゃくちゃに頑張りました。

一日15時間は勉強していたと思います。

2月本番は壊滅

しかし、1か月で出来るようになるほど甘くないのが受験です。

結果的に、一橋の本番では

まっっったく、できませんでした

冗談抜きで、最下位だったんじゃないか?と今でも思っています。

受験を終えて

最終的には運よく慶応大学商学部に合格し、進学を選択しました。

浪人も考えましたが「これ、あと一年やっても一橋には受からないだろ」と思い、やめました。

それくらい解けなかったということです。普通に心も折れてました。

最大の反省は、無計画で「その時々の感情に振り回されて」勉強をしていたことです

しかし、当時の僕を責めれない気持ちもあります。

というのも、身近に頼る人がおらず、完全に独学でやらざるを得ない状況だったからです。

「高3の時に信頼できる人がいて、適切なアドバイスをもらえていればな…」と今でも思います

そして、この時に「心から自分の状況を恨んだこと」がDirectionを創業した理由です。

おわりに

以上で僕の不合格体験記を終わりにします。

少しでも参考になるところがあれば、自分の失敗をさらした価値があります。

僕と同じような失敗を避けて志望校に合格するために、何か不安なことがあればぜひ塾長の僕までご相談くださいね。

※この大失敗の10年後、僕は東大受験に挑むことになります。

東大体験記_サムネイル
【再受験で東大合格】塾長が東大入試までにやったこと【模試の結果も】こんにちは、塾長の山本です。様々な方の応援をいただきながら、僕は2022年3月に東京大学(文科3類)に合格することができました。...