受験コラム

通信制高校から難関大学に合格できる?不利になることはある?

こんにちは、塾長の山本です。

今回は「通信制高校に通っていても難関大学に合格できますか?」という質問に回答します。

受験生
受験生
通信制高校から難関大学って厳しいのかな…不利になったりするのかな

このような不安を通信制高校の生徒からよく聞きます。

通信制高校に通う人で大学受験に不安がある人は、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

 

通信制高校から難関大学に合格できます

まず結論ですが、通信制高校の方でも難関校に合格することができます

何も心配する必要はありません。

大事なのは「どの高校に通っているか」ではなく「志望校に向けてやるべきことをやりきれるか」に尽きます

とはいえ「進学校に通ってた方が有利なんじゃない?」とか「通信制高校には受験に詳しい先生がいないから不利だ」と思う人もいると思います。

たしかに「通信制高校の全体傾向」だけを見ればそういう可能性はあります。

しかし、いま話しているのは「真剣に受験に取り組もうとしているあなたが、難関校に合格できるかどうか」です。

今いる環境でベストを尽くせば「通信制高校だから難関校はムリ」という話には絶対なりません。

むしろ、通信制高校の受験生は「有利になる可能性さえある」と当塾は考えています。

通信制高校には大きなメリットがある

当塾は「通信制高校の方が受験環境として優れているのはないか?」と思うことがあります。

例えば進学校に通う高校生の場合

・年間4回から6回の定期テストがある

・高校3年生になっても受験科目以外の勉強する必要がある

・高校1、2年生の間は音楽や保健などの副教科の勉強もあり受験に直結する勉強時間が意外と少ない

・優秀な友達が周りにいるということは、裏を返すと友達と自分を見比べて精神を病みやすい

と言うことができます。実際、上記のような悩みをもつ高校生は多いです。

その一方で通信制に通う高校生の場合は(うまく情報収集をする必要はあるものの)受験勉強に没頭しやすい環境にいると言えます

もちろん1人で勉強を進める分モチベーション維持が難しいので、勉強する中で塾や予備校、当塾のようなオンライン塾を検討していくと良いと思います。

【失敗しないために】あなたは「独学」と「授業」のどっちを選択する?今回は大学受験での永遠のテーマ「独学中心と授業中心ではどちらが効率的なのか」を当塾独自の視点で解説します。大学受験は基本的に短期...

おわりに

今回は「通信制高校に通っているのは全然不利じゃないよ」という話をしてきました。

もちろん受験で不当な差別を受けることはないですし、必要なところで塾や予備校を使っていけば「むしろ有利な環境」と言うこともできます。

言うまでもなく、大学受験で一番大事なのは環境ではなく、あなた自身の意思です。

自信をもって受験勉強を進めてくださいね!