受験コラム

【失敗しないために】あなたは「独学」と「授業」のどっちを選択する?

今回は大学受験での永遠のテーマ「独学中心と授業中心ではどちらが効率的なのか」を当塾独自の視点で解説します。

大学受験は基本的に短期決戦なので、合格するためには学習効率を最大化する必要があります。

そして学習効率を考える上では「独学か授業か」をすべての受験生が考えるべきです。

当塾のスタンス

この記事を書いている塾長の山本は、大手の予備校・塾で授業中心の指導をしてきました。

しかし指導をする中で「授業中心で進めるのは非効率だ」と生徒の様子から気づき、現在は「独学+定着度の確認」を中心とする「Direction」を経営しています。

そのため当塾は「多くの受験生によって、授業より独学の方が効率がいい」というスタンスです

上記のスタンスを理解してもらいつつ、根拠を明確に示すことで偏った意見にならないよう記事を書いていきます。

そもそも独学と授業は使い分けが重要

受験生のゴールは「志望校に合格すること」であり、「独学か授業か」という話は、あくまで手段の話です。

そして手段には必ず長所と短所があります。「絶対的にいいもの」は存在しません

学力や環境、志望校といった個別の状況を無視して「○○が良い!」と言うことはできません。

①独学で問題なく進められている。または自分で課題を解決できている
→独学を続ければよい

②独学をしてみたが、教材の内容がさっぱりわからなかった
→レベルの高い授業を受ければよい

独学で進められているが、テストや模試になると点が取れない
→独学を中心に、定着度や理解度の確認を受ければよい

何事も「自分の課題ありき」です。

これまで授業を受けてきて効果は?

先述の通り「独学が良いか、授業が良いか(または他の方法が良いか)」は受験生個々の状況次第です。

ですが、あなたに1つ質問があります。

小学校から今まで授業を受けまくってきて、成績が伸びましたか?

授業を受けまくる日本人

日本人として生まれ育つと、小・中・高で12000時間の授業を受けることになります。

12000時間

この膨大な時間を「授業」に費やしてきて、それに見合う効果を感じていますか

もし「YES」なら、あなたは独学よりも「授業を選択すべき」です。完全に授業向きの受験生です。

しかし、もし「NO」なら学校や塾、予備校で授業を受けても成績が上がりません。

同じ授業を受けても合否が分かれる

学校の授業と塾・予備校の授業はクオリティーが全然違う!」という反論があると思います。

ではもう一つ質問です。

塾や予備校で高品質の授業を受ける生徒の中でも、合格者と不合格者に分かれるのは何故?(「○○予備校 早慶コース 合格率」と調べてみてください)

もちろん色々な理由があると思います。

その中でも当塾は「学校の授業でダメだった人は塾・予備校で授業を受けても伸びないから」と考えています。

つまり、学校の授業でうまくいかなかった人は授業以外の選択肢を積極的に考えるべきです。

「授業を受ければ成績が上がる」は誤った前提

これは余談ですが、多くの受験生は「塾・予備校で授業を受ければ成績が伸びる」と考えている気がします。

しかし、もし本当に「授業を受ければ成績が伸びる」のなら、全ての受験生が塾や予備校に通うはずです。

結局のところ予備校に行っても、復習するなど独学で努力しないと全く成績は上がらない」ということです。

①独学と授業の学習効率を比べる

アメリカ国立訓練研究所は以下の研究結果を明らかにしています。

講義や授業の学習定着度は5%しかないことがわかります。

つまり「一度授業を受けるだけは全然ダメ」で、結局は独学で何度も反復する必要があるということです。

当塾が独学の方が良いと考える第一の理由は、この研究結果に基づいています。

独学を推奨する理由①

授業の学習効率が5%しかなく、結局は独学で復習することになるので、授業に何時間もかけるのはもったいない。授業時間を減らして独学の時間を増やすべき。

「授業を聞いて満足」という受験生は(科学的にも)成績を伸ばすことができません。

講義系参考書をより効果的に復習する方法を解説!【結論:授業する】こうした疑問に答えます。 本記事のテーマ 結論教科書や講義系参考書は「セルフ授業」で復習すべき・セルフ授...

②授業と独学の自由度を比べる

授業中心の問題点は「自分の理解のペース」と「授業の進度」が合わない可能性が高いことです。

本来、勉強は「自分が理解しやすいところは早く、理解しにくいところはゆっくり進めるべき」です。もっと言えば「すでに知っていることは飛ばすべき」です

しかし、授業ではこうした調整が困難です。

そのため「すでにわかっている説明を聞く」もしくは「わからないまま進んでいく」という非効率な時間が生まれやすい状況にあります。

加えて、学習の質が講師の実力に左右されることも問題です。

中学や高校の授業を思い出してください。これまで「自分のレベルに合わない授業」「先生が何を言っているかわからない授業」にどれだけ時間を費やしたでしょうか

この問題は塾や予備校でも必ず発生します。

一方で、独学の場合は自分の理解度に合わせた勉強をすることができます。

理解度で学習スピードを調整できることは当然ですが、参考書には複数の選択肢があり個人の特性に合わせた選択が可能です

また、万が一選択した教材が合わない場合も時間的・金銭的コストを最小限に変更することができます。

独学を推奨する理由②

「自分の理解度、ペースに合わせて学習すべき」という勉強の原理原則と照らし合わせて考えたときに、学習手段としては授業よりも参考書学習に軍配が上がる

③授業で一番得するのは誰か?

授業時間の内訳を見ると、10%が前回の復習、70%が基本事項の説明、20%が問題演習というのが一般的です。

これが意味するところは、復習の習慣がある生徒にとって「授業内で行われる復習の時間は損」ということです。すでに復習済みだからです。

さらに「予習して学習内容を大体理解できた」という生徒にとっては基本事項を説明する70%の時間も無駄です。知っていることを聞くことになるからです。

つまり、授業を受けることは「真面目に予習・復習をする生徒ほど損をする」ことが多くなり、不真面目な生徒にとって効率的になります

そのため「復習する習慣がない」「予習してもさっぱりわからない」という受験生にとっては塾・予備校は良い選択肢です。

独学を推奨する理由③

授業で得するのは不真面目な生徒である。もし「予習・復習をしっかり頑張ろう」と思っているのであれば、授業を受ければ受けるほど非効率になる可能性がある

④授業で何を教わるのか

多数の生徒が受ける授業では、生徒一人一人の理解度に応じた授業はできません。

その結果として、どうしても「問題を解く手順」を伝えることがメインとなります。生徒個別の興味を喚起することはできないからです。

しかし「問題を解く手順」であれば、教科書や参考書から十分に学ぶことができます。あえて授業を受ける必要はありません

もっといえば、「問題を解く手順」をあえて時間のかかる授業で教わる意味はなく、参考書で自分の知らないことだけ学び、問題演習の時間を最大化した方が定着度は高くなります。

独学を推奨する理由④

問題を解く手順をわざわざ時間のかかる授業で受ける意味は薄い。ただし「参考書ではサッパリ理解できない」という教科は授業を受ける意味がある

⑤授業で「伸びない原因」を解決できるか

当たり前のことですが「必要な知識/成績が伸びない原因/その解決策」は優れて個人的な問題です。

A君で上手くいっても、B君でうまくいくとは限りません。

そのため指導者は以下の役割を果たす必要があります。

・生徒の志望校に応じて、問題を解くための手順、知識を教える

・生徒の答案から問題を解けない原因、成績が伸びない原因を特定する

・生徒個別の原因に応じて、解決策を提示する

これらの役割を生徒数が多い授業で実現するのはほぼ不可能です。

結局のところ授業では「多くの人がうまくいく(確率の高い)方法論を伝えること」が限界で、実際にあなたの課題を解決してくれるとは限りません。

そして「確率の高い方法論」は市販の参考書・問題集の中にも書かれています。

独学を推奨する理由⑤

授業では「生徒個別の伸びない原因」を特定することも、解決することもできない。独学では試行回数が授業よりも多くなるために自分固有の課題を見つけやすい

おわりに

以上で、当塾が授業よりも独学を推奨する理由の解説は終わりです。

本記事の冒頭でもお話した通り「授業か独学か」は受験生個々人の状況、課題によって変わってきます。

ここまでお話してきたことは「学習効率に関して言えば、独学が効率的だ」という当塾の見解です

今回の記事を参考に、改めて自分の勉強方法を見直してもらえたら嬉しいです。

無料相談

当塾では「今のままでは不安」という受験生に初回無料でカウンセリングを実施しています。

公式LINEアカウントへご連絡をいただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

または